金銭や子どもの問題

子供離婚を考えている家庭にとってウエイトの大きな点として、子供が挙げられます。これまでは、家族だったからこそ、家庭を築くことができたが、離婚によっては、父親か母親のどちらか一人に子供と一緒に暮らすことになります。結婚相手との生活や性格の不一致などで離婚はしたいけれど、生まれてきた子供は結婚ではなく、大切な家族であるため、離婚をする上で揉めやすい話です。

その上で、子供を育てる費用面も捻出する必要があります。この費用は、養育費として、子供を監護しない方へ請求することができます。この費用は、子供がいない側の生活水準と同じレベルの生活が送れるくらいが望ましいとされています。

しかし、離婚を早くしたいけれど、養育費がネックになってなかなか離婚が先に進まないという場合、一旦養育費の請求を行わず、離婚を進めることもできます。養育費は、離婚の真っただ中だけではなく、離婚後でも請求ができる場合もあります。しかし、環境が変わったといった事柄が必要となるため、やはり、はじめに養育費を決めておいた方が無難でしょう。子供を育てるために必要な費用なので、きちんと考えることが大切です。この養育費は、子供側から監護していない方へ請求することも可能であり、しかるべき権利として認められています。

Writen by admin