離婚意思の確認をする

男女結婚が二人の同意のもとで行われたように、離婚もまた、二人の間に離婚する意思がお互いになければなかなか難しいものです。もしお互いに離婚をしたいと考えた場合、協議離婚を通して、一番円満に離婚することができます。話し合いが行われ、今後新しい生活をはじめる上でもプラスになるでしょう。

しかし、二人の主張が食い違う場合、協議離婚ではなく、調停離婚となります。二人だけで解決がしにくい問題として、調停委員へ決断を委ねます。さらに、離婚をする上でうまくいかなかった場合、裁判という形になります。裁判沙汰となれば、お互いの心身にかなり負担がかかります。この段階になると、なかなか素人では解決がしにくい点が多く、第三者である弁護士の力が必要です。

弁護士に相談することで、精神的にも物理的にも負担が少なくなります。離婚は結婚より体力を使いますが、それでも離婚をする人は多いです。離婚の原因は色々ありますが、すんなりと離婚できることが双方にとって好ましいです。しかし多くの場合、色々な要因が絡んで離婚がうまく運びません。離婚の流れとしては双方、または双方の代理人、つまり弁護士を立てて話し合いを成立させる協議離婚を行います。それでも離婚の決着をつけることができない場合は、裁判所へ調停の申し立てを行う調停離婚となり、最悪の場合、裁判ということになります。

Writen by admin